ジムリーダー

メリッサ

はじめまして、
毎日ポケモン漬けの日々を送るYouTuber
『さわも』と申します。(新人一年目ね!)

髪をおろして若ければ美人こと、
昔は美人残念ババア「メリッサ」

その言葉通りの見た目ですが、
内面を知ってしまったぼくは
メリッサおばさんに謝罪することに決めました。

〜メリッサ解説〜ヨスガジムジムリーダー

メリッサはゴーストタイプ使いの
シンオウ地方ヨスガシティのジムリーダー。

ダイヤモンドパールでは5番目、
プラチナでは3番目のジムリーダーです。

日本語はカタコトで、海外出身。

メリッサ〜名前の由来〜

メリッサの名前の由来は
ポケモンキャラの例に漏れず
「メリッサ」という植物から。

メリッサ(別名レモンバーム)の花言葉は
「思いやり」「同情」「共感」

と、実はメリッサの人間性を表した
ピッタリな花言葉。

そして、この素晴らしすぎるメリッサの人間性が
後のぼくが謝罪しなければならない理由となるのでした。。。

年齢考察

公式 不明

パッと見「ババア」

いえ、すいません。「おねえさま」
という表現が正しいですね。

そう、このおねえさま「メリッサ」
はポケモン女性キャラでは珍しく
見た目的にそこそこ年齢がいっている様子。

ネット上では30代との説が濃厚です。

個人的にも37歳くらいじゃないかな?
と感じますね。

しかし、
『Age is just a number.(歳は単なる数字)』
世の中の美魔女たちの憧れとして
今後も輝き続けていくことでしょう。

でも見た目ただのおばさ・・・
いえ、すばらしい美貌のおねえさまです。

メリッサの人物像の説明

メリッサをババアと
からかっていたさわも。

後にメリッサさまの慈悲深さを知り
自分が恥ずかしくなりました。

見た感じのままイタイ感じの人間かと思いきや、
やんごとなきまでの人格者でござりましたのだ。

アニメ編

このメリッサ、
『旅するポケモンジムリーダー』であり、
かなりの努力家なのです。

メリッサが過去の回想話はこんな感じ。

トップコーディネーターになるために
昔一生懸命勉強したそうです。

その結果、
ジムリーダーとしての知識もつけ、
ジムリーダーの資格も取得。

こうしてジムリーダーとして
ジム戦をつづけていくものの、
チャレンジャーは修行を続けて強くなる。

こうした経験を通し、
チャレンジャーが修行をして頑張っているのに、
「私自身も負けられない」

と思ったから。とのこと。

ジムリーダーになった現状に満足するだけでなく、
さらに向上心を持って修行する姿。

30になっても歳を取っても
挑戦心を忘れてはいけない!
ということ、

世の中年男女に改めて伝えてくれる、
「スーパーパワフルレディ」
だったのでございますな。

目標として
「コンテストとバトルの特徴を組み合わせた
自分だけのバトルスタイルを確立すること」
があるとのこと。

まさに、歳だからといって諦めている
中年たちが見習うべき「ババ…」いえ、
「おねえさま」なのです。

話は変わってジム戦では、
1回目にメリッサと戦ったサトシは完敗。

しかし、回が10回ほど進んで、
再びサトシがメリッサとジム戦、
攻撃を守り技にするサトシの最強戦術
「カウンターシールド」を使いこなし、
サトシが勝利しました。

ゲーム編

ゲーム編のメリッサ様は
さらにさらに慈悲深い。

209番道路にある
ポケモンの霊を慰めるロストタワー
に毎日のように赴いて
亡くなったポケモンを弔っています。

そして、コンテストのために勉強し、
結果ジムリーダーにもなれたというのは同様で、

軽い感じの言葉遣いとは裏腹にかなり努力家
であることが分かります。

普段頑張ってなさそうな人が
裏で頑張ってるというギャップ。たまんねぇ。

そしてその姿はジムリーダー以外でも健在で、
スーパーコンテストのマスターランクに
メリッサが出場しています。

他にも、
フロンティアブレーンでありダンサーの
「ダリア」を尊敬しており、
ファンであることも明らかになっています。

メリッサの小ネタ

髪をおろしたら美人説

髪が4つの紫コッペパンですが、
そのコッペパンをほどけば美人なのでは?

という説が流れています。

巨乳

メリッサは外国人なのもあって巨乳。
一部の熟女好きファンの間で盛り上がっているようです。

4字熟語が・・・

メリッサはところどころで4字熟語を使います。

「エイパムも木から落ちる」

サトシが1戦目、
敗北した時に語ったメリッサのセリフ。

ポケモン回では「猿=エイパム」なのでしょう。

「勝ってカブトプスの尾を締めよ」

カブトプスの尾ってw。。。笑ぇない。

個人的キャラランク

7.5/10

まさにちゅうね…いえ、
おにいさまおねえさまの星
とでもいうべき飽くなき向上心。

ぼくはまだその域に達してしませんが、
ぼくが「おにいさま」くらいの年齢になったら
このメリッサに負けず頑張ろうと思いたい。。。

ってか、
「おにいさま」になりたくねぇ…。

メリッサの魅力を考察してみた。

メリッサの魅力はなんども言いますが、
「中年の星」としての輝き。

そして、明るい性格の裏で
かなりの努力家であるという事実。

まさに
『Age is just a number.(歳は単なる数字)』

そして、
影で努力を続けるぼくと一緒なのだ。
(今日も昼12時に起きて、
 ポケモンしかやってない 
 ニート生活を送っていることは内緒。)

メリッサのポケモン

メリッサのエースは「ムウマージ」

というか、メリッサにそっくりですわな。

『ダイヤモンド・パール』
フワライドLv.32
ゲンガーLv.34
ムウマージ (切り札)Lv.36

『プラチナ』
ヨマワルLv.24
ゴーストLv.24
ムウマージ (切り札)Lv.26

『プラチナ』(強化後)
ジュペッタLv.61
ヨノワールLv.62
ムウマージLv.63
フワライドLv.61
ゲンガー(切り札)Lv.65

『ブラック2・ホワイト2』(シンオウリーダーズトーナメント)
ムウマージ(切り札)
フワライド
ミカルゲ
ヨノワール
ロトム
ゲンガー

『ブラック2・ホワイト2』(ワールドリーダーズトーナメント)
ムウマージ(切り札)
フワライド
ミカルゲ
ヨノワール
ブルンゲル
ゲンガー

ダイパ時代は5番目のジムでしたが、
プラチナでは3番目になったことで、
ポケモンのレベルが変動。

ムウマージも弱くはないし、
最強ポケモンゲンガーや、
害悪ポケモンフワライドを使うので、
パーティとしてはちょい強めな感じ。

それでは今回もメリッサのポケモンたちで
ガチ対戦していきましょう。

中年に希望を与えてやろうではないか!

さわも
さわも
受けループ。。。正直嫌いだ・・・。

だが、そんな忌み嫌われる『彼、彼女ら』の気持ちを考えたことがあるだろうか?

ぼくは、、、さっきやっと分かったよ。彼らは何も悪くないんだよ・・・

そんな感動のPVが11分30秒〜から流れます。ぜひ、彼らの気持ちを分かってあげてください!(対戦もぜひw)

もし面白かったら高評価、よろしくお願いしまっす!!!