SM/USM

クチナシ

この記事では、

  • 前半でクチナシの基本情報!
  • 後半は『徹底的に辛口評価!』

の順番で紹介します。

さわも
さわも
クチナシおじさんのキャラ好きすぎるんだけど、みんなはどう?

〜前半〜クチナシ解説

ここにゲーム版の画像。

しょぼい、冴えない、面倒くさがりの中年オヤジかと思いきや、「実は〇〇だったー!まじかー!」ってパターンのおっさんが「クチナシ」です。

若干あざとい感じもしますが、まぁそこら辺も含めてクチナシおじさんの真骨頂。

さわも
さわも
おっさんなのにギャップ萌えを狙ってる説!?笑

クチナシ〜名前の由来&花言葉〜

クチナシおじさんの名前の由来は、皆さんご存知”くちなし”という植物から。

え!?ホント!?

ポケモンのキャラと花言葉はだいたい合っている場合が多いんですが、クチナシおじさんのキャラと花言葉の関連性は正直分からない!

クチナシおじさんが「幸せ?」「洗練?」「清潔?」ってホントですか?正直、目を疑いました。

というわけで、謎に思ったので自分なりに考えてみることに。


んー・・・あんまり思い付かない。

クリックで考察内容を表示

強いて言えば、面倒な警察官の仕事をあまりしなくてもいいように、隠者生活をしていて「心が穏やかになって幸せだー」って感じとかですかねー?

でも、これだと軽すぎる・・・

そんで他に考えたのが、

①クチナシはいい花言葉の裏に、日本語では「死人に口無し」「嫁入りの口無し」という言葉が連想されるとして、少し怖がられている節がある。
②しかし、それはあくまでも伝承であり、クチナシの花自体や、クチナシの花言葉は「幸せ」に関係するもの。

つまり、「クチナシはちょっと怖がられるところがあるけど、その花自体(クチナシ)は幸せをもたらすもの。(旅を助けたり、悪Zくれたり)」というイメージでしょうか。

もしもこういう理由でつけられたとしたら、かなり深いですよね。真偽のほどは知りませんが。

さわも
さわも
みんなはクチナシと花言葉の関連性をどう思う?

性格

皆さんご存知、あざとい、面倒くさがり、無気力で、冴えない感じのおっさんです。一見ね。

でも実は、中身はめちゃくちゃ親身なのだ。

代表的なのを3つ。

その1、ポータウンの入り口を開けてくれる。

ゲームを進めていると、スカル団がポータウンの入り口に鍵をかけて入れないのですが、主人公の思いを聞き鍵をあげてくれます。

その2、船で出発しようとしているところに、遠くからわざわざ大試練の誘いをしに来る。

エーテルパラダイスの悪者たちを倒しに行くとおそらく聞きつけたクチナシのおじさん。悪Zを授けさせ、強くならせるためにわざわざポータウンからマリエシティまで駆けつけてくれます。

ここで、大試練を断るとあの名セリフが聞けちゃうわけだ。(セリフは下の方で!)

その3、たくさんのニャースたちを一人で保護&世話している。

猫好きに悪い奴はいないのだ。たぶん。

この他にもたくさんクチナシのいいおじさんエピソードはたくさんあります。

声優

「相沢まさき」さんが担当しています。

アニポケだとアクア団ボス「アオギリ」とか、プラズマ団ボスのあの「ゲーチス」の声優も務めたとか。。。

さわも
さわも
ゲーチスと来て、クチナシとはなかなかドスの効いたキャラを演じておられますな。

年齢考察

公式 不明

予想 40歳中盤〜50代中盤

正直よく分からないですね。けど見た感じだとたぶん47歳とか、54歳とかだと思います。^^(アバウトだなおい!)

ただ、国際警察時代にハンサムと同じくらいの年齢だと判明しているので、そのくらいでしょう。と言いながら、ハンサムの正確な年齢も分かりません!

クチナシの大試練を断る場合のセリフ

エーテルパラダイスに乗り込む前、クチナシの大試練を断ってみてください。こんなセリフが聞けますよ。↓一応ネタバレ嫌う人いそうなんで、隠しといてます。

クリックでネタバレ
「来るのにくたびれちゃってさ 相手してくれないとスネちゃうよ」

さわも
さわも
おい、少女か!

クチナシのポケモン

クチナシのポケモンは悪タイプ。

ゲーム編のクチナシ〜攻略方法&ポケモン〜

サンムーン

サンムーンでのクチナシは、大試練と、UBイベント時の「本気のクチナシ」との2度の対戦。

大試練(サンムーン)ヤミラミ(Lv.38♀)
ワルビル(Lv.38♂)
アローラペルシアン(Lv.39♀)
UBイベント(サンムーン)ヤミラミ(Lv.63♀)
ワルビアル(Lv.63♂)
アブソル(Lv.63♂)
ドンカラス(Lv.63♂)
アローラペルシアン(Lv.63♀)

フェアリータイプのポケモンがいれば、比較的楽に勝てます。かくとうタイプで攻略しようとする場合、ヤミラミとドンカラスが鬼門になるので、他に等倍をつけるポケモンがいるとGOOD。

しっかりと育成してレベル上げをしていたら、そこまで苦戦しない印象でした。

ウルトラサンムーン

ウルトラサンムーンでは、①大試練のみ確定で、②マツリカの試練ではウルトラムーンのみの対戦になります。

なので、ウルトラサンの場合、大試練の1回しかクチナシと戦う機会がありません。残念。

大試練(usm)ヤミラミ(Lv.43♀)
ワルビル(Lv.43♂)
アローラペルシアン(Lv.44♀)
マツリカの試練(umのみ)ヤミラミ(Lv.52♀)
アブソル(Lv.52♂)
アローラペルシアン(Lv.53♀)

こちらもフェアリータイプのポケモンがいれば楽勝です。

いない場合は、例のごとく頑張ってレベル上げをして倒すべし!

アニポケ〜サンムーン73話〜

アニポケのクチナシも同様面倒くさがりな感じで、警察官として交番に務めているのも同様。アセロラとちょーいいコンビなのはゲームにまして顕著。アセロラとは毎日のように顔を合わせているような仲の良さです。

アニメ版のクチナシの性格もそのまんまな感じで、ロケット団や、サトシが島キングを探しているということを言っても、クチナシは自分のことを明かさず面倒なことを引き起こさないようにしているようです。

ただ、アセロラがイタズラ好きのゲンガーに連れ去られた時も、クチナシは普段の無気力とは思えない勢いで助けにやってくるので、アセロラを気にかけている様子。

アニメの中ではめんどくさがって自ら島キングと名乗りませんが、アセロラの登場でクチナシが島キングであるということは判明。ロケット団三人組に島キングとして対応したり、サトシにも試練を受けさせてあげたりします。

ただどれもこれも、アセロラに促されてやっと島キングとしての対応をしている感じでしたね。

ークチナシの大試練ー
クチナシとの大試練1回目。サトシのルガルガンはクチナシにちょうはつされっぱなしで、クチナシの思うツボでした。結果、混乱状態になりクチナシのワルビルに完敗しました。

その後自分たちの弱さを認めカプブルルのとこで、特訓して来たサトシの2回目の大試練が始まります。

クチナシは悪タイプ使いということもあり、俗に言うトラッシュトークでサトシの心を揺さぶります。(*トラッシュトークとは汚い言葉や挑発で相手選手の心理面を揺さぶるような会話で相手を混乱させ、調子を乱させる作戦です。)

サトシはこのちょうはつに乗ってしまうワケですが、サトシのルガルガンがあえてサトシに攻撃し、クチナシのちょうはつから目を覚まさせ、本気を出したサトシとルガルガンが見事勝利。

こうして、クチナシの大試練は集結。サトシの性格を見越して、悪Zではなく、ルガルガンZをサトシに渡してあげていました。

その後、サトシが出発するときには、物陰に隠れてこっそりと見送るという優しいオヤジっぷりを発揮。

アセロラに「今日のおじさんかっこよかったよ」と言われるのですが、その時にいつも遊んでいる得意なけん玉に失敗するなど、ちょっと照れてる感じもありました。

クチナシ、アセロラファンは必見ですな。

クチナシの小ネタ

クチナシはその人物像どおり、かなりの裏話があります。

元国際警察捜査官

サンムーンにて、UBイベントの際にクチナシは元国際警察捜査官であり、ハンサムの同僚だったことが判明。リラとも面識があり、リラには慕われているなどかつてはかなり有能だったことが伺えます。

しかし、10年前にリラがウルトラホールに飲み込まれていたことや、いろいろ(本編でも明かされていない)あったらしく、国際警察を辞めたと語られていました。

おそらく、リラがfallというウルトラビーストを引き付ける体質を持つに人間で、そのリラを囮にするような国際警察の方針に疑問を持って辞めた。という説が濃厚のようです。

ただ、国際警察を辞めはしたものの、その後もリラのことを大切に思っているようで、ウルトラビーストが襲撃に来たサンムーンではしっかりとリラの元に駆け付けています。

四天王辞退

アセロラいわく、「カプに選ばれたならともかく、人に選ばれての四天王はごめんなんだってー!」とのこと。

国際警察の脱退し、静かな生活を望むクチナシにとっては、四天王とかどうでもいいんでしょうね。

ロケット団ボス「サカキ」とは旧知の仲

アニポケ73話での出来事。

ロケット団がZリングを見つけに行く回があるのですが、その時に「久しぶりだな」とサカキからの電話を受け取るクチナシおじさん。

”かがやきさま”つまりはウルトラネクロズマの情報を得るために、サカキはクチナシに電話したようです。しかし、クチナシは知っているようでしたが、あえて「知らない」と返答。

人が来たということですぐに電話を切るなど、クチナシはサカキをあまり良くは思っていないようです。ロケット団とのつながりが分かる描写はこれっきりで、そのほかの情報は不明のまま。。。

さわも
さわも
クチナシおじさん元国際警察だし、人間性がら裏の世界に詳しそうだし、いろいろ知ってそうだよね。

ハートのウロコ8個貰える。

ポケモンガチ勢の常識ですが、マリエシティの料亭で、「Z定食 オチムシャ」を注文すると、1日一回クチナシが奢ってくれる上に、ハートのウロコが8個もらえます。

あんがとよ、おっちゃん。

プルメリ、グラジオ、少年へのプレゼント

クチナシおじさん、なんと世話好きなのだろう。

そう、プルメリにZリングを与え、グラジオにZリングを与えたのもクチナシと判明。

さらには、USMでの全クリ後のサブイベントで、旅立ちを迎えた少年にニャースを与えるというサブイベントも。応援していました。

ロールキャベツ系おじさん、クチナシ

「静かに暮らしたいんだがな」と、クチナシは言います。

「ほんとは静かに穏やかに暮らしていたいけど、やっぱ世界のごちゃごちゃや悪的行為を黙って見ていることができない」

「ぱっと見は冴えないおじさんだけど、心の中ではみんなの幸せを願っている」

そんな思いを秘めた、『やる時はやる系、根はいい人タイプおじさん』なのは確定的。

さわも
さわも
そんなクチナシの姿を見て、ロールキャベツ系おじさんと命名したぞ!

【後半】クチナシを徹底評価してみた。

クチナシおじさんはかつて無いほどの、キャラが濃い深みのあるおじさん。

個人的キャラランク

9点!/10

高評価必須ですな。

いろいろと謎に満ちたクチナシおじさんの過去とか、一見冴えなそうでおいて実はかなりのやり手かつ世話好きなギャップ感。

おじさんにもギャップ萌えが存在することを証明してくれたおじさん界のスーパースターです。

それでも9点の理由は、悪Zのポーズ。。。大試練の後に悪Z実演してくれるんだけど、なんというかその・・・微妙だ…。

まぁ、それだけだよ。

クチナシの魅力考察してみた。

クチナシはゲームにもアニメにも登場する回が多めですし、その登場回全てにおいて出来るおじさん感がふぉわんふぉわん匂います。(出来るおじさん感をめっちゃ感じ取れるってこと)

さらに、旅を重ねるごとに主人公を助けてくれたり、世界の平穏を願って行動してくれるなど、影で見守る大物感がなんかオレは好き。

でも、もしもクチナシが見るからにいい人で、イメージ通りのいい人感溢れる行いをするだけだとここまで魅力にならなかったと、個人的には思ってます。

ヤンキーが優しい一面を見せることで女子が惚れるように、見た感じ「冴えないおっさん」だけど、実は「人情あって実力者」。

このギャップこそがクチナシおじさんの魅力なのだと。